伝承の塩 "千年井田塩"

絶景の地「井田」で生まれる"千年井田塩"は、古代安康天皇に献上されたと伝えられます。千年の時を超え、幻を未来へ繋ぐ。

井田ブルー

富士山の裾野に広がる駿河湾。黒潮海流がぶつかるこの場所は「井田ブルー」と称賛されるほどの青い海。

薪割り

山へ巻きを刈りにいき、薪を割り、火をおこす準備。薪作り、薪割り。これも塩づくり。

焚き上げ

ぐつぐつ、ぐつぐつ、塩が焚き上がるまで一日中、焚き続けます。

塩作り

火加減に気をつけながら、塩釜と、にらめっこ。朝から焚き続け、夕方にようやく姿を見せる塩。

ふるいにかける

何度もふるいにかけられ、綺麗な塩の富士山が出来上がります。

千年井田塩の出来上がり

手間と時間をかけてやっと出来上がる、まろやかな「千年井田塩」。

幻を未来へと繋ぐ "千年井田塩"

  • 〒411-0815 静岡県三島市安久322-1
  • 9:00から17:00
  • 年中無休
  • 0120-54-0831
  • 公式サイト